PMTCって何?

さまざまな器具とフッ化物入りペーストを使用し、歯科医師、歯科衛生士などの専門家が、
すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去する方法のことです。20年ほど前にむし歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、最近では多くのリサーチに裏付けられ、着実な臨床実績を上げています。

Q2.PMTCはどんな目的で行うの?

歯科の病気の原因である細菌の除去を目的としています。
長い間歯の表面に付着している細菌(プラーク)、この中には歯ブラシでは落せないものがあります。
ご家庭であなたが磨ききれない汚れや、磨きにくいところの汚れを歯科のプロがクリーニングします。

Q3.PMTCはどんな効果があるの?

プラークに含まれる雑菌を落とすことによるむし歯・歯周病予防の効果があります。歯の表面がツルツルして気持ちいいのは言うまでもありません。
その他にも、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果などにも有益です。

Q4.予防は、歯磨きうがいだけではダメなの?

従来歯科医院で行われていた歯磨き指導だけでは、すべてのプラークを落とすことはできません。
特にむし歯や歯周病にかかりやすい人は、歯ブラシの効果には限りがあります。まして、うがい程度では予防はまったく不可能です。

Q5.PMTCを行えば、ブラッシングは必要ないのですか?

プラークコントロールの基本はご自身による歯磨きです。歯の健康を維持するためには、
歯磨き(セルフケア)とPMTC(プロのケア)とのバランスがとても大切です。
ご自分で磨けるところは、もちろん手を抜かずに磨きましょう。その他、歯磨きの方法などは、当院の歯科衛生士が丁寧にご指導させていただきます。

Q6.PMTCだけで、むし歯や歯周病は治るの?

PMTCはあくまでケア行為ですから、病気を治すものではありません。
しかし、プロのクリーニングを受け、口中の細菌レベルが低下すれば、それだけ治療効果も上がります。

Q7.PMTCで歯は白くなりますか?

その方本来の歯の色に戻す事は可能です。しかし、それ以上に白くする事は不可能です。
それ以上を求めるにはやはりホワイトニング等が必要になります。

Q8.PMTCはどのくらいの間隔で行うのですか?

その方のリスク(細菌の強さ、歯や歯肉の強弱、着色の程度、唾液の量、生活習慣など)によって個人差がありますが、
おおよそ1~3カ月に1回の割合で行います。

Q9.PMTCって痛くないの?

歯の研磨専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使用するので、痛みはありません。

歯医者さんの痛いというイメージとは逆に、PMTCの特長は爽快感と快適さにあります。

Q10.PMTCは何歳くらいから行うの?

プロのクリーニングは、いつから始めても一定の効果が期待できます。年齢によるものではありません。

本当なら歯科医の数が多いとゆっくり患者さんを診察してくれそうなイメージがありますが、意に反してそんなところは流れ作業のようなスタイルで患者に治療を施す医院が実在するのです。
プラークコントロールという言葉からは、歯のブラッシングを思い浮かべるケースが大半だと予測しますが他にも多種多様なプラークコントロールの用途があると言われています。
虫歯を防ぐには単に歯磨きのみではほとんど不可能で、要点はこの虫歯を引き起こす原因菌の消去と虫歯の悪化を歯止めをかけるという2つの要所になるのです。
ムシ歯が主因の知覚過敏は、虫歯はかなり進んでしまっていると見受けられ、歯牙の痛みも依然として変わりませんが、違う場合は一時性の容体で落ち着くでしょう。
プラークが蓄積しないように、日々歯石のケアをきっちり実施することが大層肝心なポイントです。歯垢の付きやすい場所は十分に歯磨きする事がとりわけ重要です。

甘い物を摂取しすぎたり、歯磨きを手を抜いて行うと、歯周病の元となる菌が増加してしまい、プラークが増え、その挙句歯肉炎が起こってしまうと公表されています。
ドライマウスのメインの症状は、口の中がカラカラに乾く、とにかく喉が渇くという事が約90%を占めます。大変な患者だと痛みの症状が出現してしまうこともあると言われています。
歯科衛生士が在宅医療において期待されるのは、先に患者の口のなかをきれいに掃除することです。患者さんの口内が汚いままだと、細菌が増殖した歯のカスそのものを飲み込むかもしれません。
歯の美化を中心に据えているので、歯と歯の噛み合わせのチェックなどを軽視してしまっている場面が様々なところから通知されているからなのです。
病気や仕事などによって疲労がたまって体力が弱まったり、栄養の状態が取れていない食事が長らく続くことによって体調の悪い具合に変わった時に口内炎にかかりやすくなってしまうのです。


基本的な入れ歯の悪い点をインプラントを取り付けた入れ歯がカバーします。きっちりとフィットし、お手入れのシンプルな磁力を活用したバージョンも売られています。
歯のホワイトニングは歯の表面の細かな汚れをしっかりと排除した後に開始しますが、それにはホームホワイトニングと歯科医院で実施するオフィスホワイトニングの施術場所の違う2つの選択肢が選べるようになっています。
規則正しい日頃の暮しを肝に銘じ、唾液によった補修作業に向かわせるという主眼点を理解した上で、大切な虫歯の予防措置を重点的に考慮する事が望まれます。
人工の歯の抜き取りができるというのは、年月を重ねるにつれて変形する口腔内や顎のシチェーションに適応して整備が実践できるということです。
セラミックといっても、いろいろな材料と種類が実用化されていますので、歯医者と十分に相談して、自分の歯に向いている治療内容を選ぶのがよいでしょう。

いずれの職種の働く人についても該当する事ですが歯科医院に勤務する歯科衛生士のような医療関係の現場に勤務している人は、とても勤務中の服装や髪形に神経を使わなくてはならないのです。
歯のホワイトニングは、歯の外側のゴミや汚れを十分に取り除いた後に実施しますが、自宅でできるホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの方法の異なる2種類があるのです。
プラークコントロールというキーワードからは、毎日の歯みがきを思いだす場面がほとんどではないかと予想しますが、実際はそのほかにも豊富なプラークコントロールの用途があるようです。
私たちの歯牙の外側のエナメル質の真下の位置より、口腔内の酸性の度合いがPH(ペーハー)の数値が5.5~5.7より低下すると、歯を形成するリンやカルシウムが溶出してしまいます。
寝ている時は分泌される唾液の量が格段に少ないので、歯の再石灰化が進まず、口中の中性状態を保持することが難しくなります。

これは顎を動かす時に、顎関節にカクカクと異音が起こるもので、顎関節症の病状としてはかなり頻繁に確認され、特になり始めの頃に頻繁に発生している顎関節症の症状です。
歯に付着してしまう歯石は、プラークと違って硬いせいで、ハミガキで取るのが困難になるだけではなく、快い細菌に適した家となり、歯周病を呼びこみます。
歯肉炎になってしまうと、歯ブラシでの歯みがきの時、林檎を齧りついた時、歯茎から出血したり、歯グキがなんとなくムズムズして痒いといった問題が現れます。
上の歯と下の歯の噛み合わせの悪い状況は、不快な顎関節症の要因の一部ではあると考えられるものの、それとは違う誘発事項がきっとあるという意見が浸透するように変わってきたのです。
長きにわたって歯を使用し続けると、外側のエナメル質は密かに消耗してしまって脆くなってしまうため、中の象牙質の持つカラーが段々と透けて見えるようになります。

審美歯科の治療現場で、普通のセラミックを用いるケースには、つぎ歯の入替えなどが使用法としてありますが、歯への詰め物などにも馴染み深いセラミックを採用することが可能です。
外科処置を行う口腔外科とは、むし歯、歯槽膿漏あるいは義歯の治療はもとより、口内で現れてしまう色んな異常に適合した診療科目です。
なり始めの頃は歯周病の原因となる菌が歯の表面に付着し、それで歯ぐきが炎症を起こしてしまって赤くなって熱を持ってしまったり、歯を磨くと毎回血が出てしまうような状況になるのが歯肉炎の特徴なのです。
口内炎が出現する病因は、ビタミンが欠乏しているのがそれの一つなのは確かですが、各種ビタミンは簡単に摂れるサプリメントや、ドラッグストアでも手に入る医薬品の飲み薬などとして広く販売されています。
甘い物を食べすぎたり、歯ブラシでの歯みがきをいい加減にすると、歯周病の源である菌が繁殖し、プラークが繁殖してしまい、その挙句歯肉炎を発症してしまうということです。